プラズマプラクシスを使った水素水の作り方

プラズマプラクシスを使った水素水の作り方

プラズマプラクシスを使った水素水の作り方

 

プラズマプラクシスは水道水や市販のミネラルウォーターから手軽に水素水を生成することができるスティックタイプの製品です。
この製品をつかった水素水の作り方はとても簡単で、1〜2リットル程度の水道水や飲料水を用意し、そこにプラズマプラクシスのスティックを1本入れて、5時間程度放置するだけです。たったこれだけの手順で、飲用水を水素水へと変えることができます。生成した水素水は常温で1日程度、冷蔵庫の中では1週間程度保存させておくことができます。
プラズマプラクシスは水素の還元力を長く維持できるのが特徴ですが、保存中に液体から水素が少しずつ抜けていくという点は変わりありません。そのため、つくった水素水はなるべく早く飲んでしまった方が良いです。

 

この製品は、スティック1本で3ヶ月程度は交換せずに使い続けることができます。
ただし、一度使用を始めた場合は、スティックを常時水に浸らせた状態で保存しなければなりません。
一方、未使用のスティックについては、密封した状態で湿気の少ない場所に保管する必要があります。また、スティックには活性炭が使用されているため、使用中にスティックから黒い炭の粉末が出てくることがありますが、この粉末が入ったまま液体を飲んでしまっても身体に悪影響は無いとされています。
"

ホーム RSS購読 サイトマップ